弁護士

高橋 直子

大阪府出身。7歳から神戸市に住む

経歴

昭和63年3月
兵庫県立長田高等学校卒業
平成5年3月
京都大学法学部卒業
同年4月
司法修習生(47期)
平成7年4月
検事任官
大阪地方検察庁、松山地方検察庁等で勤務
退官後、専業主婦となり2人の子を育てる
平成21年12月
愛媛弁護士会登録
菅原法律事務所(後の菅原・高橋法律事務所)にて勤務
令和元年9月1日
あいりす法律事務所 開所

所属弁護士会、公共委員等(令和元年9月現在)

愛媛弁護士会所属

愛媛弁護士会犯罪被害者支援委員会委員長、四国弁護士会連合会犯罪被害者支援委員会委員
(平成27年4月~平成29年3月)

日弁連犯罪被害者支援委員会委員(平成28年4月~平成29年3月)

愛媛弁護士会副会長(平成29年4月~平成31年3月)

松山家庭裁判所家事調停委員

愛媛県後期高齢者医療審査会・国民健康保険審査会委員

愛媛県入札監視委員会委員

愛媛県本人確認情報保護審議会委員

愛媛県留置施設視察委員会委員

松山市文書法制審議会委員

境界問題紛争センター愛媛運営委員

愛媛県暴力追放推進センター相談委員

注力分野など

 弁護士登録以降勤務した菅原法律事務所(後の菅原・高橋法律事務所)は,典型的な街弁事務所で,これまでに労働事件(過労自殺案件など),不動産に関する案件(土地の境界確定や建物明渡など),交通事件,自己破産申立や債務整理など様々な案件を担当しましたが,中でも多く取り扱ったのが離婚や相続を中心とした家庭内の問題にまつわる案件です。また,元検事という立場から,犯罪の被害を受けられた方に寄り添う活動にも力を入れてきました。
 今後も離婚などの家事事件を中心に,ご相談者・ご依頼者に寄り添いながら一つひとつの案件に丁寧に取り組んでいきたいと考えています。